コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情緒障害児 じょうちょしょうがいじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

情緒障害児
じょうちょしょうがいじ

明確な定義はないが,一般的には外部からの刺激によって動揺しやすく不安定精神状態の子供をいう。 1960年初め,増加する少年非行の予防対策として厚生省情緒障害児短期治療施設を設置し,そのとき初めて「情緒障害」という言葉が使われた。症状のとらえ方はさまざまであるが,自閉症 (幼児自閉症) ,登校拒否チック,緘黙症 (かんもくしょう。無言症) などが典型。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

共謀罪

ある特定の犯罪を行おうと具体的・現実的に合意することによって成立する犯罪。実際に犯罪を行わなくても、何らかの犯罪を共謀した段階で検挙・処罰することができる。米国や英国などでは設けられているが、日本の刑...

続きを読む

コトバンク for iPhone

情緒障害児の関連情報