中井 猛之進(読み)ナカイ タケノシン

20世紀日本人名事典の解説

中井 猛之進
ナカイ タケノシン

明治〜昭和期の植物学者 国立科学博物館館長;東京帝大教授・附属植物園園長。



生年
明治15(1882)年11月9日

没年
昭和27(1952)年12月6日

出生地
山口県

学歴〔年〕
東京帝大理科大学植物学科〔明治40年〕卒

学位〔年〕
理学博士〔大正2年〕

主な受賞名〔年〕
日本学士院桂記念賞〔昭和2年〕「朝鮮植物研究」

経歴
大学院に進み、明治41年東京帝大助手となり、附属植物園(小石川植物園)に勤務。42年志願兵で入営、1年間休職。大正6年東京帝大講師、11年助教授、昭和2年教授、のち植物園長も務める。この間、大正2年朝鮮総督府から朝鮮植物の調査を委託され、その成果を「朝鮮森林植物篇」(全22巻)にまとめる。11年には薬用植物調査に渡印、さらに12年から2年間隠花植物学研究のため米国、フランス、スウェーデンに留学。戦中は大東亜博物館計画を構想、17年陸軍司政長官としてジャワのボゴール植物園長に就任。戦後は東京科学博物館(24年国立科学博物館に改称)館長を務めた。著書に「朝鮮植物誌概要」「大日本植物誌」「東亜植物」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

中井 猛之進 (なかい たけのしん)

生年月日:1882年11月9日
明治時代-昭和時代の植物学者。国立科学博物館館長;東京帝国大学教授
1952年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android