コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原師顕 なかはらの もろあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原師顕 なかはらの-もろあき

?-? 鎌倉時代の官吏。
中原師兼(もろかね)の子。明経(みょうぎょう)博士。建治(けんじ)元年(1275)大外記の職にあって越前権守(えちぜんのごんのかみ)をかね,のち大隅(おおすみの)守,穀倉院別当,肥後守などを歴任した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中原師顕の関連キーワード中原師兼

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android