コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原師兼 なかはらの もろかね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原師兼 なかはらの-もろかね

1195-1253 鎌倉時代の官吏。
建久6年生まれ。中原師重(もろしげ)の子。中原師顕(もろあき)の父。明経(みょうぎょう)博士。寛喜(かんぎ)2年大外記となり,建長4年宗尊(むねたか)親王の征夷(せいい)大将軍就任のとき宣旨(せんじ)を作成。下総守(しもうさのかみ),河内(かわちの)守,紀伊(きいの)守を歴任。5年出家。建長5年3月6日死去。59歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中原師兼の関連キーワード春華門院アレクシウス3世大休正念特定不妊治療春華門院聖福寺土御門天皇中山忠親冥王星奥州総奉行

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android