コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原秋家 なかはら あきいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原秋家 なかはら-あきいえ

?-? 平安後期-鎌倉時代の武士。
幕府御家人。一条忠頼の家臣であったが,元暦(げんりゃく)元年(1184)源頼朝から公文所(くもんじょ)寄人(よりゅうど)に任じられた。建久4年土佐(高知県)宗我部(そがべ)・深淵(ふかぶち)両郷の地頭職(しき)をあたえられる。建仁のころから地頭の一条秋通(忠頼の遺児)を補佐した。姓は大中臣(おおなかとみ)とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中原秋家の関連キーワード香宗我部氏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android