コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国音韻学研究 ちゅうごくおんいんがくけんきゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国音韻学研究
ちゅうごくおんいんがくけんきゅう

スウェーデンの中国学者 B.カールグレン (中国名は高本漢) 著"Études sur la phonologie chinoise" (4冊,1915~26) の中国語訳書。訳者は趙元任,羅常培,李方桂。訳書は原著者との連絡のもとに修正が加えられている。 1940年長沙商務印書館刊。 62年に台湾から影印本が出ている。広韻の反切と現代諸方言ならびに日本,朝鮮,越南の各漢字音を利用して比較言語学的研究を行い,中古音を再構し,その音価の推定をした最初の労作。以後の研究は本書への批判修正を中心に進められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

中国音韻学研究の関連キーワードバーナード カールグレン

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android