中央アメリカ共同市場(読み)ちゅうおうアメリカきょうどうしじょう(英語表記)Central American Common Market; CACM

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中央アメリカ共同市場
ちゅうおうアメリカきょうどうしじょう
Central American Common Market; CACM

グアテマラ,エルサルバドルホンジュラスニカラグアコスタリカの中米5ヵ国から成る地域経済統合体 (→共同市場 ) 。 1960年 12月の「中米経済統合に関する一般条約」に基づいて結成され,域内貿易の自由化,域外共通関税の設定,合意的域内分業による産業統合の試みなどを通じて 1960年代にはめざましい発展をとげた。しかし 69年6月にエルサルバドルとホンジュラスの間で起きたサッカー戦争を契機として,域内の先進工業国と後進農業国の対立が一挙に表面化し,71年1月ホンジュラスは事実上脱退し,コスタリカも域内諸国からの輸入の制限や為替管理を強行した。その後は,共同市場再建のための努力が続けられ,76年の「中米経済社会共同体条約」に結実したが,活動は停滞している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android