中央委員会(読み)チュウオウイインカイ

  • ちゅうおういいんかい チュウアウヰヰンクヮイ
  • ちゅうおういいんかい〔チユウアウヰヰンクワイ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 政党、労働組合などで、その団体の最高機関である大会と大会との間の時期の、大会に代わる意思決定機関。大会で選任された中央委員によって構成される。
※風にそよぐ葦(1949‐51)〈石川達三〉後「国鉄総連合中央委員会は〈略〉ゼネストを行うことを決議した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中央委員会の関連情報