コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島菜

デジタル大辞泉プラスの解説

中島菜

石川県七尾市で生産される葉物野菜ツケナの一種。独特のほろ苦さと辛みがある。来歴不明だが、明治期から栽培されていたとされる。地域団体商標。能登野菜振興協議会により「能登野菜」にも認定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

中島菜[葉茎菜類]
なかじまな

北陸甲信越地方、石川県の地域ブランド。
石川県七尾市中島町産のかぶら菜。古くから自家用の野菜として栽培されていた。アブラナ科の一種。ほろ苦い味と辛味を持ち、おひたしや漬物にして食べる。近年、中島菜には血圧上昇を抑える成分が多量に含まれていることがわかり、ビタミンCやカルシウムも豊富に含むことから健康食品として注目されている。2006(平成18)年11月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5004794号。地域団体商標の権利者は、能登わかば農業協同組合。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

中島菜の関連キーワード中島(石川県)石川県七尾市七尾(市)

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中島菜の関連情報