辛味(読み)シンミ

精選版 日本国語大辞典の解説

から‐み【辛味】

〘名〙 (形容詞「からい」の語幹に接尾語「み」の付いたもの。後に「あじ」を意味する「み(味)」の意識がまじっている)
① からいこと。からさ。ひりひりと舌をさす辛さ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 食物に辛い味を添えるもの。とうがらし、わさび、からし、しょうが、大根おろし、その他、味覚、嗅覚(きゅうかく)を刺激する辛さをもったもの。辛味料(しんみりょう)。やくみ。かやく。
※俳諧・仏の兄(1699)「此やうな蕎麦の辛味も御座らうか〈鬼貫〉」

しん‐み【辛味】

〘名〙 からいあじ。からみ。からさ。〔管子‐幼官〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辛味の関連情報