コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村六三郎 なかむら ろくさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村六三郎 なかむら-ろくさぶろう

1841-1907 幕末-明治時代の武士,教育者。
天保(てんぽう)12年2月生まれ。長崎の海軍伝習所でまなび,長崎奉行管下の遊撃隊砲隊指令となる。維新後は広島師範校長をへて明治8年郵便汽船三菱会社商船学校主幹,14年校長。のち後身の東京商船学校校長となった。退職後,日本海員掖済(えきさい)会をつくる。明治40年1月9日死去。67歳。肥前長崎出身。著作に「小学幾何用法」「代数学用法」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村六三郎の関連キーワード天保の改革[各個指定]工芸技術部門中村梅玉カラジアーレ複成片麻岩内褶曲ウェブスター(Ben Webster)久原躬弦ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)西園寺公望内閣柴田桂太

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中村六三郎の関連情報