コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海軍伝習所 かいぐんでんしゅうじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海軍伝習所
かいぐんでんしゅうじょ

江戸幕府の西洋式海軍訓練学校。オランダが幕府に練習艦として『スームビング』号 (のち『観光丸』と改名) を寄贈したのを契機として,安政2 (1855) 年,長崎奉行所の西役宅を校舎に,オランダ海軍軍人 22名を教官として雇い,生徒は幕臣 70名,諸藩から 129名で開設した。同6年に閉鎖。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かいぐん‐でんしゅうじょ〔‐デンシフジヨ〕【海軍伝習所】

江戸幕府の海軍教育機関。安政2年(1855)洋式海軍創設のため、長崎に開設。勝海舟榎本武揚らの幕臣のほか、五代友厚ら諸藩士が、オランダ海軍士官から海軍の諸技術を習得した。安政6年(1859)廃止。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

海軍伝習所【かいぐんでんしゅうじょ】

江戸末期1855年幕府が長崎に開いた海軍学校。オランダ海軍士官ペルスライケンの指導の下,オランダから贈られた軍艦スームビング号(観光丸)を用いて勝海舟榎本武揚らの幕臣や旗本・諸藩士らが学んだ。
→関連項目赤松則良阿部正弘海軍軍艦奉行ポンペ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいぐんでんしゅうじょ【海軍伝習所】

幕末の長崎に西洋の海軍技術導入のため設けられた学校。幕府はペリー来航後海軍の創立を計画したが,艦船を発注したオランダから技術供与の申出をうけた結果,1855年(安政2)10月長崎に伝習所を開設した。教場は西奉行所,練習艦はオランダ寄贈の観光丸,監督は目付永井尚志(なおむね),教師はペルスライケン率いるオランダ海軍軍人,生徒は矢田堀鴻勝麟太郎以下の下級幕臣と佐賀,福岡,鹿児島,萩等の諸藩士であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かいぐんでんしゅうじょ【海軍伝習所】

1855年、江戸幕府が長崎に開設した海軍教育機関。オランダ海軍士官が幕臣や諸藩士の訓練に当たった。59年閉鎖。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海軍伝習所
かいぐんでんしゅうじょ

幕末の江戸幕府の海軍教育機関。オランダが幕府に献納した軍艦(のち観光丸)を練習用にあて、オランダ海軍士官以下22名を教官として、1855年(安政2)10月、長崎奉行(ぶぎょう)所西屋敷に開設、当時、長崎在勤の目付であった永井尚志(なおゆき)(「なおむね」とも読む)を所長格に任命した。授業は日課を定めて学科、訓練を海陸で行い、伝習生には幕臣、諸藩士が派遣された。勝海舟(かつかいしゅう)、榎本武揚(えのもとたけあき)や五代友厚(ごだいともあつ)、川村純義(すみよし)、佐野常民(つねたみ)らもここに学び、海軍創設の基礎となった。59年閉鎖。[田中 彰]
『カッテンディーケ著、水田信利訳『長崎海軍伝習所の日々』(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海軍伝習所の関連情報