コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村喜一郎 なかむら きいちろう

2件 の用語解説(中村喜一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村喜一郎 なかむら-きいちろう

1850-1915 明治時代の染色技術者。
嘉永(かえい)3年生まれ。明治6年ウィーン万国博覧会に参加するため,私費でドイツに留学。現地で伝習生にえらばれ,染色法を研究して7年帰国。農商務省技師,京都府舎密局(セイミきょく)染殿(そめどの)教授となり,28年八王子織染学校長。大正4年5月11日死去。66歳。肥前佐賀出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中村喜一郎

生年:生没年不詳
明治時代の染織家。明治6(1873)年オーストリア,ウィーンの万国博覧会に新政府によって初めて外国の展覧会に日本の工芸品が出品されることになり,ウィーン万国博覧会副総裁佐野常民に随行した。現地で伝習生に選抜され,織匠の伊達弥助らとオーストリアをはじめドイツ,イタリア,スイス,フランス,イギリスなどを回り,2年間の研修を終えて8年,染織品の見本や染料,薬品,器材などを携えて帰国した。次いで農商務省の技師となり,京都舎密局染殿に入って化学染料による染色の指導に当たり,14年染殿が染織部に合併され,20年にこれが京都織物会社払い下げられるとともに八王子織物染色講習所の教授となり,28年には八王子織染学校の校長となった。化学染色に関する著書も多く明治前期の西欧染色の導入普及に大きな功績を残した。

(山邊知行)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村喜一郎の関連キーワード竜村平蔵岩田みつ小川トク甲田栄佑高田義男土屋佐吉松浦栄宮平初子森山トヨノ山鹿清華

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone