コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村子愷 なかむら しがい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村子愷 なかむら-しがい

1771-1795* 江戸時代中期-後期の儒者。
明和8年1月28日生まれ。中村重勝の兄。代々近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩につかえる。藩主井伊直中の命で京都に勉学におもむくが,よい師にめぐりあえず藩邸で独学した。病のため帰藩し,寛政6年12月2日死去。24歳。弟重勝に遺言して藩主に藩校設立を建議した。名は元。通称は千次郎。号は楽天亭。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村子愷の関連キーワードシラー(Friedrich von Schiller)シュレーダー杉田玄白ブレイク(William Blake)フランス史(年表)お蔭参り山岡浚明新聞キャベンディッシュ土御門泰邦