コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総裁政府 そうさいせいふ Directoire

翻訳|Directoire

5件 の用語解説(総裁政府の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総裁政府
そうさいせいふ
Directoire

フランスにおいて国民公会の解散 (1795.10.26.) から 1799年 11月9日にいたるまで存在した5人の総裁から成る政府。政体は 95年に成立した「共和暦第三年憲法」を規範とし,普通選挙の廃止,五百人会元老会から成る2院制議会の設立などによって,民主的共和政と革命政府に代るブルジョアジーの寡頭支配を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そうさい‐せいふ【総裁政府】

フランス革命末期のブルジョア共和政府。1795年、共和暦第3年憲法によって成立。行政を担当する5人の総裁と、立法府としての二院制議会によって構成された。1799年、ナポレオンブリュメール18日クーデターによって崩壊。執政政府

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

総裁政府【そうさいせいふ】

フランス革命の最終段階の政権。1795年,国民公会が制定した〈1795年憲法〉により成立。普通選挙制を廃し,5人の総裁と元老会・五百人会の二院制議会を中心にブルジョア的安定を図ったが,王党派と山岳派の均衡を保てず次第に軍部の発言権が増大し,1799年ナポレオンブリュメール18日クーデタで崩壊。
→関連項目エジプト遠征シエイエス執政政府ナポレオン[1世]バブーフ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

そうさいせいふ【総裁政府】

フランス革命終末期の政権(1795~1799)。五人の総裁が行政権を執行。ブルジョア共和主義の政策をとったが、社会不安を克服できず、ナポレオンのクーデターで倒された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

総裁政府
そうさいせいふ
Directoireフランス語

1795年10月27日から99年11月7日まで存続したフランスの政府。ロベスピエール没落後の国民公会により準備された。95年8月「共和暦三年の憲法」が制定され、ブルジョア共和主義の眼目の下に、制限選挙により選ばれる五百人会(議案提出権をもつ衆議院)と元老院(議案採択権をもつ上院)の二院が構成され、行政府には5人の総裁が指名される。5人の総裁は大臣として、各自が独自の権能をもつとされた。この新憲法に基づき、最初の総裁にはバラスカルノー、ルーベル、ルトゥルヌール、ラ・レベイエール・レポーが選ばれた。総裁政府は成立早々、左翼の山岳派・ジャコバン派と右翼王党派から挟撃された。おりしもインフレーションが最悪の状態を告げ、アッシニャ紙幣の暴落とともに、物価が暴騰した。一部の実業家や投機師や金融家の繁栄、驕奢(きょうしゃ)をよそに、多くの市民が苦窮を訴え、社会情勢が険悪化した。革命末期の統制こそ解除されたが、革命戦争はなお継続中とあって、物資が相対的に不足し、生活の危機が最初から政府の土台を揺さぶった。バブーフの平等主義的反乱の陰謀は未然に防がれたが、右翼の王党派が財界の支持を受けて、年ごとに勢威を強め、97年4月にはバルテルミーのような札付きの復古王政派を総裁に選出した。バルテルミーは97年9月4日のフリュクティドールの政変により逮捕されて失脚した。が、総裁政府の無策と無力感は依然回復されず、政権はいずれ超党的な覇者の手にゆだねられかねない宿命を暗示した。97年にオーストリア軍を屈服させ、独力でカンポ・フォルミオ条約を結んだ凱旋(がいせん)将軍ナポレオンは、まさにフランス国民の希望の星の観があった。その分、彼は総裁政府から警戒されて、翌98年エジプト遠征へと飛び立つ。しかも彼の不在中にヨーロッパ諸国がふたたび結集し、フランス軍は彼らの攻勢の前にドイツ、イタリア、スイス戦線で後退を余儀なくされた。国内では右翼の追放後、ジャコバン派が息を吹き返し、バラスのほかゴイエ、デュコス、ムーランら旧革命戦士が総裁政府の大臣に就任した。このときナポレオンがエジプトから突然帰国した(99年10月)。彼を迎えて、政局はにわかに緊張し、政界の老練シエイエスやタレーランはナポレオンを中心に新体制の樹立を構想する。ナポレオンは99年11月「ブリュメールのクーデター」を敢行し、議会から反対派を駆逐、総裁政府の命脈を絶ったのである。[金澤 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の総裁政府の言及

【フランス革命】より

…経済統制は直ちに廃止され,国民公会の左翼議員は追放され,ジャコバン・クラブは閉鎖され,復活した右翼によって報復的な〈白色テロル〉が荒れ狂った。95年8月に制定された新憲法では,普通選挙制も廃止されて,二院制の議会と5人の総裁から成る総裁政府が樹立された。しかし,この総裁政府は左右両翼からの脅威にさらされていた。…

【ブリュメール18日】より

…1799年11月9日,フランスでナポレオン・ボナパルトが総裁政府を倒して権力を掌握したクーデタをいう。その日が,当時行われていた共和暦では共和第8年ブリュメール18日に当たるので,この名がある。…

※「総裁政府」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

総裁政府の関連キーワード革命裁判所革命暦国民公会フーシェフレンチ第一共和制フランス刺繍サン・ジュスト《フランスにおけるゲーテ》《フランスにおける内乱》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

総裁政府の関連情報