彦根藩(読み)ひこねはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

彦根藩
ひこねはん

江戸時代,近江国 (滋賀県) 彦根地方を領有した藩。慶長9 (1604) 年井伊直勝が居所を同国の佐和山から彦根へ移したことに始る (→佐和山藩 ) 。井伊氏は遠江国の豪族で,初めは今川氏に仕えていたが,天正3 (1575) 年直政の代に徳川家康に仕え,家康の関東入国とともに上野 (群馬県) 箕輪を領有した。さらに関ヶ原の戦いで大功をあげ,佐和山に 18万石で封じられた。直政の次の直勝が彦根に城を築いて彦根藩を立てたが,直勝は多病のため元和1 (1615) 年上野安中3万石を領していた弟直孝が襲封し,直勝は安中に3万石を分与されて分家した。直孝の代には 30万石となり,その後大老職を出し,譜代の雄藩となった。幕末,直弼 (なおすけ) が,安政5 (1858) 年大老に就任して日米修好通商条約を調印し,14代将軍に紀州の慶福 (よしとみ。のちの家茂) を決定させ,反対派を弾圧して安政の大獄を起すなど力をふるったが,同7年桜田門外で暗殺された。そのため文久2 (62) 年直憲 (なおのり) の代には 10万石を減封された。直憲は,明治維新の際,倒幕派について奥羽越列藩同盟軍を攻撃した。譜代,江戸城溜間詰。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

彦根藩【ひこねはん】

近江(おうみ)国彦根に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。西国大名に対する監察と京都守護の任を課せられていた。藩主は初代井伊直政(いいなおまさ)以来,井伊氏が在封。領知高は15万石〜30万石。1860年16代井伊直弼(なおすけ)(幕府大老)は桜田(さくらだ)門外の変で攘夷(じょうい)論者の暴徒に襲撃された。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍として各地を転戦した。
→関連項目朝妻近江国弘道館佐和山高宮彦根城

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

ひこねはん【彦根藩】

江戸時代近江(おうみ)国犬上(いぬかみ)郡彦根(現、滋賀県彦根市)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は稽古館(けいこかん)(のち弘道館、さらに文武館と改称)。1600年(慶長(けいちょう)5)の関ヶ原の戦いで東軍の軍奉行(いくさぶぎょう)を務めた徳川四天王の一人井伊直政(いいなおまさ)が、翌01年、石田三成(みつなり)に代わって佐和山城主に封じられ、近江国15万石、上野(こうずけ)国3万石、計18万石の大名となった。嫡子(ちゃくし)直継(なおつぐ)のときに彦根山に新城の建設が開始され、完成まで20年の歳月が費やされた。その間、直継は病弱で大坂の陣に参陣できず、そのため15年(元和(げんな)1)に直勝(なおかつ)と名を改め、上野国安中(あんなか)藩に3万石を分知され移封(いほう)となった。代わって参陣し活躍した弟の直孝(なおたか)が藩主となり、2代は直継が抹消され、直孝とされた。直孝は徳川秀忠(ひでただ)徳川家光(いえみつ)徳川家綱(いえつな)と3代の将軍を補佐し、加増も繰り返されて、33年(寛永10)までに30万石となり、天領の城付米預かりとして5万石も付与され35万石の格式を得るに至った。この石高は譜代大名のなかでは最高である。以後、彦根藩井伊氏は幕末まで一度の転封(てんぽう)(国替(くにがえ))もなく16代が継続、そのうち5名の藩主が大老になるなど幕閣の中枢を占め続けた。15代藩主井伊直弼(なおすけ)は1858年(安政5)に大老に就任、勅許(ちょっきょ)を得ずに日米修好通商条約に調印、また攘夷派を弾圧した安政の大獄で反発を招き、60年(万延(まんえん)1)の桜田門外の変水戸藩浪士らに暗殺された。戊辰(ぼしん)戦争では彦根藩は朝廷側につき、新政府軍に加わって各地を転戦した。71年の廃藩置県で彦根県となり、その後、長浜県、犬上県を経て、翌72年滋賀県に編入された。

出典 講談社藩名・旧国名がわかる事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひこねはん【彦根藩】

近江国(滋賀県)彦根に藩庁を置いた譜代大藩。1600年(慶長5)関ヶ原の戦で東軍の軍奉行(いくさぶぎよう)として戦功のあった徳川四天王の一人井伊直政は,翌01年石田三成にかわり佐和山城主に封じられ,近江国で15万石,上野国で3万石,計18万石の大名となった。02年直政は戦傷がもとで死去,嫡子直継は翌03年彦根山に築城工事を起こし,7ヵ国12大名の御手伝普請により22年(元和8)20年の歳月をかけ,彦根城の完成をみた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

彦根藩
ひこねはん

近江(おうみ)国(滋賀県)彦根に居城をもった譜代(ふだい)藩。1600年(慶長5)関ヶ原の戦いで東軍の軍奉行(いくさぶぎょう)として戦功のあった井伊直政(なおまさ)は、翌年石田三成(みつなり)にかわり佐和山(さわやま)城主に封ぜられ、近江国で15万石、上野(こうずけ)国(群馬県)で3万石、計18万石の大名となった。1602年直政は戦傷がもとで死去、嫡子直継(なおつぐ)(のち直勝(なおかつ)と改名)は翌年彦根山に築城工事に着手し、20年の歳月をかけ1622年(元和8)彦根城の完成をみた。しかし、この間、直継は病弱のため、庶弟直孝(なおたか)が名代として大坂冬・夏の両陣に参戦して、武威をあげ、1615年(元和1)徳川家康は直孝をもって家督を継がせ、直継には3万石を分与し、上野国安中(あんなか)城に封じた。直孝は戦功により相次ぐ加増を受け、30万石の封地と幕府城付米(しろつきまい)5万石を預かり、35万石の格式を有する譜代大名となり藩制の基礎を固めた。直孝は幕閣にあって徳川秀忠(ひでただ)・家光(いえみつ)・家綱(いえつな)3代の将軍を補佐し、また大老の家格により、初代直政から16代直憲(なおのり)の間、大老職につく藩主は6代を数えた。
 江戸中期以降、藩財政の悪化に伴い、1799年(寛政11)国産方を設置し、特産品の浜縮緬(はまちりめん)、浜蚊帳(はまかや)などの保護育成と統制による専売施行により、商業利潤の追求に乗り出した。また、このころ藩校の稽古館(けいこかん)(のち弘道館(こうどうかん)、さらに文武館と改称)を開校し、蔵書数2万部30万巻を蔵したという。1850年(嘉永3)襲封した直弼(なおすけ)は58年(安政5)大老に就任し、安政(あんせい)五か国条約や将軍継嗣(けいし)問題などで攘夷(じょうい)派を弾圧したため、60年(万延1)3月桜田門外の変で斃(たお)れた。62年(文久2)この罪を問われ10万石を減知。67年(慶応3)王政復古の大号令に彦根藩は朝廷側につき、69年(明治2)の版籍奉還により直憲は彦根知藩事に任命され、71年7月廃藩に至った。藩域は、彦根、長浜、犬上(いぬかみ)県を経て、滋賀県に編入。[森 安彦]
『中村直勝編『彦根市史 上冊』(1960・彦根市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の彦根藩の言及

【近江国】より

…85年(貞享2)の膳所城下町は戸数930戸,うち武家屋敷499戸,町家409戸である。 彦根藩井伊氏は大坂の陣後加増され,1633年(寛永10)に下野,武蔵のうち2万石を合わせ30万石,翌年城付預米5万石が付せられた。彦根城下は95年(元禄8)町数53町のうち39町を町家が占めた。…

【筋】より

…村名に郡と筋名を冠して地名を示すこともあるが,これは異なった系列を示す場合が多い。美濃国には各郡に筋名が見られ,近江の彦根藩では南・中・北の3筋があり,各筋ごとに筋奉行が交通・駅伝・衣食住・年貢収納などを管轄し,その下で代官が分担執務した。【村上 直】 また豊前の小倉藩では,藩内を企救(きく)・田川・京都(みやこ)・仲津・築城(ついき)・上毛(こうげ)の6郡に分け,各郡に郡奉行(こおりぶぎよう)が配置されていたが,郡奉行は筋奉行とも呼ばれていた。…

【大名屋敷】より

…そして参勤時には国元から藩主とともに江戸勤番の家臣が随従して来ていた。例えば彦根藩井伊家の場合,18世紀中ごろの史料によれば桜田上屋敷1万9685坪,赤坂中屋敷1万4175坪,千駄谷別邸17万4795坪,八丁堀蔵屋敷7277坪があり,1695年(元禄8)の史料によれば定府家臣1458人,勤番家臣1764人であった。大藩の場合にはなお多くの家臣団を擁し,広大かつ多数の屋敷をもっていた。…

※「彦根藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

彦根藩の関連情報