コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村氏 なかむらうじ

世界大百科事典 第2版の解説

なかむらうじ【中村氏】

相模国中村荘を本領とする中世武家。桓武平氏。1079年(承暦3)権大夫為季に殺された押領使景平を祖とするともいわれるが,1144年(天養1)大庭(おおば)御厨を侵略した源義朝の手勢中にみえる中村荘司宗平が,中村氏の史料上の初見である。宗平は80年(治承4)10月再挙した源頼朝が相模国府に入るにあたって,頼朝の逗留する館の修理を命ぜられ,さらに86年(文治2)には相模国内有力百姓への人別1斗の白米給与を,三浦義澄とともに挙行している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中村氏の関連情報