コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大庭 オオニワ

デジタル大辞泉の解説

おお‐にわ〔おほには〕【大庭】

宮中の紫宸殿(ししんでん)の前面の庭。おおば。
寝殿造りで、寝殿の前の広い庭。
広い場所で上演される晴れの能。

おおば〔おほば〕【大庭】

姓氏の一。
[補説]「大庭」姓の人物
大庭景親(おおばかげちか)
大庭みな子(おおばみなこ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおにわ【大庭】

広い庭。 ⇔ 小庭
主殿の前の広い場所。特に、紫宸殿ししんでんの前の庭。おおば。 → 小庭

おおば【大庭】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大庭の言及

【庭】より

…天皇の前に官人,百姓などが列立した〈朝庭(ちようてい)〉はこうした庭であり,平安時代,官庭,国庭,公庭(底の字が用いられることも多い)などの語によって知られるように,太政官,国衙などの公的機関にも,訴訟のさいの対決,裁判の行われる庭が存在した。寺院の衆徒の僉議(せんぎ)も庭で行われ,鎌倉幕府,室町幕府にも大庭と呼ばれた訴訟の場があったのである。当時,裁判手続上の誤り,奉行人の偏頗な審理のしかたを訴えることを庭中(ていちゆう)といったのも,この庭と関係がある。…

※「大庭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大庭の関連キーワード神奈川県藤沢市大庭河津掛け・河津掛がらくた博物館石橋山の戦い友野与右衛門石橋山の合戦海にゆらぐ糸浦安うた日記坂東八平氏命美わし神魂神社杉原鼓澤鎌倉景政寝殿造り佐田啓二河村義秀箱根用水大庭御厨大庭景義残菊物語

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大庭の関連情報