コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村用六 なかむら ようろく

1件 の用語解説(中村用六の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村用六 なかむら-ようろく

1825-1873 幕末-明治時代の武士,官僚。
文政8年生まれ。中村円太・恒次郎の兄。筑前(ちくぜん)福岡藩士。万延元年円太とともに「封事一冊」を藩主に呈上したがいれられず,禁固に処された。のち権(ごんの)大参事。明治6年筑前竹槍一揆(たけやりいっき)の鎮撫(ちんぶ)総裁となるが,一揆勢の県庁乱入の責任をとって,6月22日切腹。49歳。幼名は権次郎。名は無用。号は南谿。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中村用六の関連キーワード麻見義修斎藤篤信鈴木大高階春帆妻木棲碧中川栖山林左門本多雪堂松平孫三郎毛受洪

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone