コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村用六 なかむら ようろく

1件 の用語解説(中村用六の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村用六 なかむら-ようろく

1825-1873 幕末-明治時代の武士,官僚。
文政8年生まれ。中村円太・恒次郎の兄。筑前(ちくぜん)福岡藩士。万延元年円太とともに「封事一冊」を藩主に呈上したがいれられず,禁固に処された。のち権(ごんの)大参事。明治6年筑前竹槍一揆(たけやりいっき)の鎮撫(ちんぶ)総裁となるが,一揆勢の県庁乱入の責任をとって,6月22日切腹。49歳。幼名は権次郎。名は無用。号は南谿。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村用六の関連キーワードアレクサンドル岩漿アレクサンドルジャワ戦争通航一覧大山綱良八田知紀ボアソナード山田方谷BoissonadeG.E.

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone