鎮撫(読み)ちんぶ

精選版 日本国語大辞典 「鎮撫」の意味・読み・例文・類語

ちん‐ぶ【鎮撫】

〘名〙 乱をしずめ、を安心させること。しずめなだめること。
※続日本紀‐和銅二年(709)一〇月庚戌「雖、未安堵
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二編「国内を鎮撫せんことに心を用ゆれども」 〔春秋左伝‐文公一二年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「鎮撫」の意味・読み・例文・類語

ちん‐ぶ【鎮×撫】

[名](スル)反乱や暴動などをしずめて、民を安心させること。
「騒ぎ立つる人々を―する内に」〈鉄腸・花間鶯〉
[類語]鎮圧鎮定平定制圧鎮める平らげる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「鎮撫」の読み・字形・画数・意味

【鎮撫】ちんぶ

しずめ安んずる。〔左伝、文十二年〕秦伯、西乞をして來聘せしむ。~襄仲、玉を辭して曰く、君、先君の(よしみ)をれず、魯國に臨し、稷(しやしよく)(国家)を鎭撫し、之れに重ぬるに大を以てす。寡君(くわくん)敢て玉を辭すと。

字通「鎮」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android