コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村直吉 なかむら なおきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村直吉 なかむら-なおきち

1865-1932 明治-昭和時代前期の冒険家。
慶応元年6月25日生まれ。愛知県豊橋の帽子商。明治20年アメリカに,27年カナダにいく。34年商業視察を名目に無銭世界一周の旅にでて,6年間に60ヵ国をめぐった。日本人としてはじめてアフリカ,アマゾンを探検したとされる。その記録は押川春浪との共著で「五大洲探検記」として刊行された。昭和7年7月27日死去。68歳。著作に「世界探検十五万哩」「アマゾン探検記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中村直吉の言及

【アフリカ探検】より

…なお,アフリカ探検と植民地化との関連については,〈アフリカ(歴史)〉を参照されたい。 日本人のアフリカ探検旅行としては,1903年の中村直吉の場合が最も古いようである。【酒井 伝六】。…

※「中村直吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中村直吉の関連キーワード市川荒五郎(初代)冒険家