中村 直人(読み)ナカムラ ナオンド

20世紀日本人名事典の解説

中村 直人
ナカムラ ナオンド

大正・昭和期の洋画家



生年
明治38(1905)年5月19日

没年
昭和56(1981)年4月22日

出生地
長野県小県郡神川村(現・上田市)

主な受賞名〔年〕
帝国美術院賞〔昭和7年〕「道化役者」,二科展努力賞〔昭和42年〕「居酒屋」,東郷青児賞〔昭和46年〕「裸婦横臥」,二科展総理大臣賞(第65回)〔昭和55年〕「会合」

経歴
彫刻家として出発し、大正15年日本美術院展に初入選。昭和11年日本美術院彫刻部同人。27年パリに移住して絵を描き始め、翌年開いた個展をフランスの新聞が絶賛、日本でも話題になり画家としての名声を高めた。39年に帰国、40年二科会絵画部会員。パリ在住時代につちかった単純化された形を独特のリズム感で描く画風で活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中村 直人の関連情報