コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中林清淑 なかばやし せいしゅく

美術人名辞典の解説

中林清淑

幕末・明治の南画家。天保2年(1831)生。中林竹洞の娘。名は邦子。父に文人画を学び、梅花に長じた。歿年未詳。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中林清淑 なかばやし-せいしゅく

1831-? 幕末-明治時代の画家。
天保(てんぽう)2年生まれ。中林竹洞(ちくとう)の娘。父に文人画をまなび,梅の絵をよくした。京都出身。名は邦子。作品に「墨梅図」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中林清淑

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:天保2(1831)
幕末明治期の画家。京都生まれ。南画家中林竹洞の娘で名は邦子といい,画を父に学ぶ。梅の絵を得意とした。作品に「墨梅図」(名古屋市博物館蔵)がある。

(安村敏信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

中林清淑の関連キーワード明治時代没年

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android