コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中根半仙 なかね はんせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中根半仙 なかね-はんせん

1798-1849 江戸時代後期の漢学者。
寛政10年生まれ。江戸の人。越後(えちご)(新潟県)高田藩医。漢詩で名をあげる。巻菱湖(まき-りょうこ)に書道をまなび,篆刻(てんこく)にもひいでた。嘉永(かえい)2年8月4日死去。52歳。名は容。字(あざな)は公黙。別号に閑徒老人,玄石,訒斎(じんさい)。著作に「詠物百首」「詩韻自在」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中根半仙の関連キーワード中根 半嶺新発田収蔵中根半嶺柴田収蔵中根訒斎漢学者

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android