コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中根半仙 なかね はんせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中根半仙 なかね-はんせん

1798-1849 江戸時代後期の漢学者。
寛政10年生まれ。江戸の人。越後(えちご)(新潟県)高田藩医。漢詩で名をあげる。巻菱湖(まき-りょうこ)に書道をまなび,篆刻(てんこく)にもひいでた。嘉永(かえい)2年8月4日死去。52歳。名は容。字(あざな)は公黙。別号に閑徒老人,玄石,訒斎(じんさい)。著作に「詠物百首」「詩韻自在」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中根半仙の関連キーワード目黒道琢オファイトアラブ文学ゴヤ(年譜)調所広郷ジェームズKポーク勢力富五郎三井八郎次郎火成花崗岩

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone