コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中止法 チュウシホウ

デジタル大辞泉の解説

ちゅうし‐ほう〔‐ハフ〕【中止法】

日本語の表現法の一。「昼働き、夜学ぶ」の「働き」や、「冬暖かく、夏涼しい」の「暖かく」などのように述語となっている用言連用形によっていったん切り、あとへ続ける方法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうしほう【中止法】

用言の連用形の用法の一。文をいったん中止し、また次に続ける言い方。「日が沈み、月が昇る」「空は青く、水は清い」などの「沈み」「青く」の類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中止法の関連キーワードずしてずとも中止形ずはべし活用ないずにずと用法ずて沈み

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中止法の関連情報