コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜石鉱山(読み)かまいしこうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釜石鉱山
かまいしこうざん

岩手県釜石市の西部,東列,西列に分れる石灰石中の大小 14の鉱床磁鉄鉱を主として,黄鉄鉱黄銅鉱硫化鉄鉱を含む。享保年間 (1716~36) に発見され,安政4 (1857) 年洋式高炉で製鉄事業を開始,のち鈴子に官営工場が完備,ここへ送鉱,処理されるようになった。これが新日本製鐵釜石製鉄所の前身である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かまいしこうざん【釜石鉱山】

釜石市にある鉱山。享保年間(1716~1736)に発見。磁鉄鉱・黄銅鉱を産したが、現在は石灰石を採掘。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の釜石鉱山の言及

【釜石[市]】より

…人口4万9447(1995)。18世紀初め釜石鉱山が発見され,1857年(安政4)南部藩士大島高任(たかとう)が洋式高炉を大橋に建設,日本で最初の近代製鉄法による鉱石精錬に成功し近代製鉄発祥の地となった。1874年官営釜石製鉄所が鈴子(新日鉄釜石製鉄所のある場所)に設けられて以来,製鉄の都市として急速に発展した。…

【接触交代鉱床】より

…岐阜県神岡鉱山の亜鉛・鉛鉱床には,単一の鉱床で約100万tの亜鉛,9万tの鉛,600tの銀を含むものがあり,日本の例では最大級に属する。鉄・銅鉱床の例としては,岩手県釜石鉱山,福島県八茎鉱山などが著名で,釜石鉱山地域では交代作用により生じたスカルンの総量は数億tに達するといわれる。世界的にはタングステンの資源として重要で,カナダ,アメリカ,オーストラリア,中国などに好例がある。…

※「釜石鉱山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

釜石鉱山の関連情報