中田高寛(読み)なかだ たかひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中田高寛 なかだ-たかひろ

1739-1802 江戸時代中期-後期の和算家。
元文4年3月12日生まれ。越中富山藩士。安永2年藩主前田利与(としとも)にしたがって江戸にいき,藤田貞資(さだすけ)にまなぶ。8年富山にかえって塾をひらき,関流の算学をひろめた。享和2年11月5日死去。64歳。字(あざな)は文敬。通称は文蔵。号は孔卜軒。著作に「精要算法解術」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

中田高寛 (なかだたかひろ)

生年月日:1739年3月12日
江戸時代中期;後期の数学者
1802年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android