コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤崎海門 あかざき かいもん

2件 の用語解説(赤崎海門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤崎海門 あかざき-かいもん

1739/42-1802/05 江戸時代中期-後期の儒者。
元文4/寛保(かんぽう)2年生まれ。山田月洲,藪孤山(やぶ-こざん)にまなび,薩摩(さつま)鹿児島藩校造士館教授,側役格となる。のち昌平黌(しょうへいこう)で経学を講じた。頼春水・山陽親子や柴野栗山(りつざん)らと交友があった。享和2/文化2年8月29日死去。64歳。名は禎(貞,楨)幹。字(あざな)は彦礼。通称は源助。別号に尚友軒。著作に「琉客(りゅうかく)談記」「村雨夕」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

赤崎海門

没年:享和2.8.29(1802.9.25)
生年:元文4(1739)
江戸時代後期の漢学者。薩摩(鹿児島県)の人。名は貞(禎)幹,字は彦礼,通称は源助。海門,尚友軒と号す。家は鹿児島藩谷山の郷士で,はじめ本田休兵衛に学び,のちに熊本に行き藪孤山に従って朱子学を修めた。天明3(1783)年に帰郷,藩校造士館の助教となり,記録奉行,物頭 などを経て,寛政7(1795)年教授,御側役格となる。藩主島津重豪に寵され,江戸に出て文人たちと交遊。その詩文を賞された。また京都の芝山持豊に就いて,堂上派の歌文を学び,和歌,和文にも長じていた。晩年には幕儒柴野栗山に推され,昌平黌で経学を講じた。

(高橋昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤崎海門の関連キーワード薩摩鹿児島小田忠七姜早丹斎藤道歴相良窓巴妻屋宗左衛門西俣因悦朴正伯若松則文

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone