コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中臣名代 なかとみの なしろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中臣名代 なかとみの-なしろ

?-745 奈良時代の官吏。
中臣島麻呂の子。中臣人足(ひとたり)の弟。天平(てんぴょう)4年遣唐(けんとう)副使に任じられ,翌5年大使多治比広成(たじひの-ひろなり)らとともに唐(中国)にわたり,玄宗(げんそう)皇帝とあう。帰国後,神祇伯(じんぎはく)となった。のち藤原広嗣(ひろつぐ)の乱に連座し流罪(るざい)となった。天平17年9月19日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中臣名代の言及

【中臣氏】より

…日本古代の豪族。大和朝廷では祭祀を担当し姓(かばね)は連(むらじ)。大化改新後に藤原氏を分出,八色(やくさ)の姓の制度で朝臣を賜姓。奈良後期から嫡流は大中臣(おおなかとみ)氏。中世以後は岩出(いわで),藤波(ふじなみ)などと称する。中臣とは,《中臣氏系図》の〈延喜本系〉に奈良後期の本系帳を引用し〈高天原に初めて,皇神(すめかみ)の御中(みなか),皇御孫(すめみま)の御中執り持ちて,いかし桙(ほこ)傾けず,本末(もとすえ)なからふる人,これを中臣と称へり〉とか,《台記別記》の〈中臣寿詞(なかとみのよごと)〉に〈本末傾けず茂槍(いかしほこ)の中執り持ちて仕へ奉る中臣〉とか,《大織冠伝》に〈世々天地の祭を掌り,人神の間を相和す。…

※「中臣名代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

中臣名代の関連キーワード中臣鷹主奈良時代皇甫東朝李密翳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android