大乗寺(読み)だいじょうじ

精選版 日本国語大辞典「大乗寺」の解説

だいじょう‐じ【大乗寺】

[1] 〘名〙 大乗の教法により創建・運営される寺院
山家学生式(818‐819)「一者一向大乗寺 置文殊師利菩薩、以為上座
[2]
[一] 石川県金沢市長坂町にある曹洞宗の寺。山号は東香(とうきょう)山。弘長三年(一二六三)加賀国の守護富樫家尚が創建。開山澄海。足利尊氏などの帰依(きえ)をうけた。永正一四年(一五一七)後柏原天皇の勅願所となり、東香山大乗護国禅寺の号を贈られた。
[二] 兵庫県美方郡香美町にある高野山真言宗の寺。山号は亀居山。天平一七年(七四五)行基(ぎょうき)の草創と伝えられる。寛政年間(一七八九‐一八〇一)密英が再興。密英に援助を受けたことのある円山応挙弟子たちとともに来住し襖絵(ふすまえ)屏風(びょうぶ)など一六五面を描いた。俗に応挙寺と呼ばれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大乗寺」の解説

だいじょう‐じ【大乗寺】

石川県金沢市長坂町にある曹洞宗の寺。山号は東香山。弘長3年(1263)に加賀守護家の富樫家尚いえひさの招きで真言宗の澄海が開創。のちに曹洞宗に転じ徹通義介てっつうぎかいが開山。
兵庫県美方郡香美かみ町にある高野山真言宗の寺。山号は亀居山。天平17年(745)行基の開創という。寛政年間(1789~1801)密蔵・密英らにより再興。この折、親交のあった円山応挙はじめ一門が、ふすま・屏風びょうぶなどを揮毫きごうしたので、応挙寺とも称する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「大乗寺」の解説

大乗寺【だいじょうじ】

金沢市長坂町にある曹洞宗の寺院。本尊釈迦如来。初め,1263年富樫家尚が石川郡野市(ののいち)に建立。真言宗,のち徹通義介によって曹洞宗となる。1300年瑩山(けいざん)が〈伝光録〉をここで開講した。1695年火災のため現在地に移建。仏殿,仏果碧巌破関撃節などの重要文化財がある。
→関連項目興聖寺

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラス「大乗寺」の解説

大乗寺

石川県金沢市にある寺院。曹洞宗。山号は東香山。13世紀に真言宗の寺として建立。のちに徹通義介(てっつうぎかい)(1219~1309)により改宗して開山。仏殿は国の重要文化財に指定。

大乗寺

兵庫県美方郡香美町にある寺院。高野山真言宗。山号は亀居山。745年開創と伝わる。江戸時代中期~後期絵師、円山応やその弟子の作品を多く所蔵することから「応挙寺」とも呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版「大乗寺」の解説

だいじょうじ【大乗寺】

兵庫県城崎郡香住町にある高野山真言宗の寺。山号は亀居山。745年(天平17)に行基が開いたと伝える古刹。客殿の襖絵が円山応挙の《郭子儀(かくしぎ)図》《孔雀図》《山水図》のほか,呉春(ごしゆん),長沢蘆雪源琦(げんき),円山応瑞,山本守礼,亀岡規礼ほかの円山四条派の作家たちの作品で埋めつくされ,応挙寺の俗称で呼ばれる。当寺の中興密英が無名時代の応挙を援助したため,応挙が再興に協力し弟子たちがそれにならったもので,円山四条派一派の描いた襖絵などは165面に及び,屛風,衝立(ついたて),掛軸などもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の大乗寺の言及

【呉春】より

…この池田時代,呉春は蕪村から学んだ技法に平明な自然観察を加味して,新しい画風を確立した。5年後帰洛した呉春は円山応挙と関係を深め,87年応挙が指揮した香住(兵庫県)の大乗寺障壁画制作に参加,その後画風上でも応挙の写生画の影響を受け,95年(寛政7)の第2次大乗寺障壁画制作では応挙の技法を完全に習得,蕪村画風との統一を試み,さらに洒脱味の強い画風へと進んだ。また彼は多芸な人物として知られ,菅茶山,上田秋成ら京都の知識人との親交があった。…

※「大乗寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android