コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中臣大分 なかとみの おおわけ

2件 の用語解説(中臣大分の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中臣大分 なかとみの-おおわけ

?-? 奈良時代の農民。
播磨(はりま)(兵庫県)飾磨郡(しかまぐん)草上(くかみ)駅の駅子(えきし)。神護景雲(じんごけいうん)3年(769)口分田四天王寺に没収され,かわりに不便な土地の田を支給されたため180人の駅子とともに朝廷にうったえ,宝亀(ほうき)4年もとの田をあたえられた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中臣大分

生年:生没年不詳
奈良時代末の播磨国飾磨郡草上駅(姫路市)の駅子。神護景雲3(769)年駅子の口分田が収公され,四天王寺に施入された。その代わりに遠隔地に口分田を支給されたが,耕作に不便で駅子らは難渋をきわめた。そこで,大分らが中心となり朝廷に訴え,宝亀4(773)年元どおりの田を支給されることになったという。

(森公章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中臣大分の関連キーワード家島諸島飾磨姫路市穂積以貫褐布飾磨の褐播磨風土記本多政勝