コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中臣逸志 なかとみの いちし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中臣逸志 なかとみの-いちし

794-867 平安時代前期の官吏。
延暦(えんりゃく)13年生まれ。中臣道成の孫。中臣益継(ますつぐ)の子。承和(じょうわ)15年内蔵頭(くらのかみ),貞観(じょうがん)2年神祇伯(じんぎはく)となった。貞観9年1月24日死去。74歳。名は壱志ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中臣逸志の関連キーワード大中臣伊度人官吏延暦

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android