コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中臣鷹主 なかとみの たかぬし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中臣鷹主 なかとみの-たかぬし

?-? 奈良時代の官吏。
父は中臣名代(なしろ)。天平宝字(てんぴょうほうじ)6年(762)遣唐判官に任じられたが,船が破損したため規模を縮小,その際に大使となったが渡海できなかった。のち,大判事,鋳銭司長官,神祇大副(じんぎのたいふ)などを歴任。大中臣姓をあたえられた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中臣鷹主の関連キーワード大中臣鷹主奈良時代官吏

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android