コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中西直方 なかにし なおかた

1件 の用語解説(中西直方の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中西直方 なかにし-なおかた

1634-1709 江戸時代前期の神道家,国学者。
寛永11年生まれ。度会延佳(わたらい-のぶよし)にまなぶ。丹波大掾(だいじょう)となったが,寛文11年二宮祓銘論の際に罪にとわれて伊勢(いせ)(三重県)の神領を追放され,和歌山藩田丸領佐田村にうつった。宝永6年11月13日死去。76歳。伊勢出身。本姓は度会。号は高倉散人,羅茂子,復圭斎,敬義斎。編著に「天照両皇大神宮参勤宮引神拝式」「神道本覚論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中西直方の関連キーワード青木神叔浅利太賢井沢蟠竜忌部坦斎臼井雅胤梅園惟朝匹田以正真野時綱宮城春意吉田兼治

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone