コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中路融人 なかじ ゆうじん

1件 の用語解説(中路融人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中路融人 なかじ-ゆうじん

1933- 昭和後期-平成時代の日本画家。
昭和8年9月20日生まれ。デザイナーとして活躍するかたわら,山口華楊にまなぶ。昭和31年日展に初入選し,37年白寿賞,平成7年文部大臣賞。9年「映象」で芸術院賞琵琶湖(びわこ)周辺の風景を画題に,独自の境地をひらく。日展理事。晨鳥社(しんちょうしゃ)会長。14年芸術院会員。24年文化功労者。京都出身。日吉ケ丘高(現銅駝(どうだ)美術工芸高)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中路融人の関連キーワード浜田昇児三輪良平山岸純石田武上田臥牛川端健生佐々木正子那波多目功一野崎貢

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中路融人の関連情報