中野二郎三郎(読み)なかの じろさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野二郎三郎 なかの-じろさぶろう

1853-1918 明治時代の自由民権運動家。
嘉永(かえい)6年3月4日生まれ。もと丹波亀岡藩(京都府)藩士。明治15年静岡の遠陽自由党常議員となる。旧自由党左派が政府転覆を計画した静岡事件で19年逮捕され服役,30年出獄した。大正7年9月4日死去。66歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android