中野治房(読み)なかの はるふさ

  • 中野治房 なかの-はるふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1883-1973 大正-昭和時代の植物学者。
明治16年1月10日生まれ。第七高等学校,鹿児島高農の教授をへて,昭和9年東京帝大の教授。湖沼植物の生理生態研究で知られる。昭和48年5月25日死去。90歳。千葉県出身。東京帝大卒。著作に「植物生理及生態学実験法」「草原の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android