生理(読み)セイリ

  • しょうり シャウ‥

デジタル大辞泉の解説

生物体が生きているために起こるさまざまなからだの現象や、生きていくためのからだの機能。呼吸・消化・排泄(はいせつ)・血液循環・体温調節・代謝などの働き。または、その仕組み。
月経。
くらし。世すぎ。生活。
「専ら嬉遊を好み、―を務めず礼譲甚だ薄く」〈航米日録・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 生活する道。生のいとなみ。なりわい。せいり。
※随筆・折たく柴の記(1716頃)下「我国の法をうけざらむものどもをば、生理(しゃうり)をゆるさず、即時に放ち還され」
〘名〙
① 生物が生活していくすじみち。生活する道。生のいとなみ。なりわい。しょうり。
※蕉堅藁(1403)冬日懐中峰旧隠「幽栖誠所愛、生理却無聊」
※翁問答(1650)上「そのくにに居て産業をつとめ生理(セイリ)をとぐるは」 〔杜甫‐得舎弟消息詩〕
② 生物が生命を維持していく上での種々の現象や機能。また、その原理。肉体の諸現象。
※文徳実録‐天安元年(857)一一月戊戌「何者一夕之命得方、則存其生理
※翁問答(1650)上「苗と種に生理(セイリ)なきゆへなり」
③ 月経。メンス。
※労働基準法(1947)六七条「生理に有害な業務に従事する女子が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の生理の言及

【月経】より

…メンスまたは単に〈生理〉ともいう。女性の性成熟期を通じ,妊娠,産褥(さんじよく)期を除いて,一定の周期をもって規則正しく発来する,子宮内膜からの生理的出血のことで,女性にみられる性周期現象の一部である。…

※「生理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生理の関連情報