生理(読み)セイリ

デジタル大辞泉の解説

せい‐り【生理】

生物体が生きているために起こるさまざまなからだの現象や、生きていくためのからだの機能。呼吸・消化・排泄(はいせつ)・血液循環・体温調節・代謝などの働き。または、その仕組み。
月経。
くらし。世すぎ。生活。
「専ら嬉遊を好み、―を務めず礼譲甚だ薄く」〈航米日録・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいり【生理】

生命を営むことに伴って生物体に生じる諸現象。また、その原理。
月経。つきのもの。メンス。
生物が生活していくすじみち。なりわい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の生理の言及

【月経】より

…メンスまたは単に〈生理〉ともいう。女性の性成熟期を通じ,妊娠,産褥(さんじよく)期を除いて,一定の周期をもって規則正しく発来する,子宮内膜からの生理的出血のことで,女性にみられる性周期現象の一部である。…

※「生理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生理の関連情報