コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野照子 なかの てるこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野照子 なかの-てるこ

1927- 昭和後期-平成時代の歌人。
昭和2年12月16日生まれ。昭和24年「詩歌」にはいり,米田雄郎(ゆうろう)に師事。27年米田創刊・主宰の「好日」にくわわり,のち編集委員。自然主義的な写実詠をめざす。平成5年「秘色の天」で日本歌人クラブ賞。滋賀県出身。敦賀高女卒。歌集に「湖底」「しかれども藍」「まぼろしの朱」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中野照子の関連キーワード昭和

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android