コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間倫理 ちゅうかんりんりInterimsethik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中間倫理
ちゅうかんりんり
Interimsethik

イエスの倫理の特徴を表わすために A.シュバイツァーが『イエスのメシア性と受難との秘密』 Das Messianitäts-und Leidensgeheimnis Jesu (1901) のなかで初めて用いた術語。イエスの生と倫理は,まもなく世の終りが来るという期待 (終末論的枠づけ) により規定されており,倫理的教訓も,神の国に入るためには現在いかなる準備をすべきであるかを示している。したがって,それは,生存状況の根源的変化にかかわりなく,あらゆる状況に普遍的に適用されうるものではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

中間倫理の関連キーワード時の間

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android