コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間国家 ちゅうかんこっかMiddle Power

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中間国家
ちゅうかんこっか
Middle Power

第2次世界大戦後,カナダが追求する対外政策の原則の一つ。 1943年7月 W.キング首相はカナダ下院で行なった演説で,国際関係において国家はみずからが効果的に果しうる役割を明確にすべきであり,カナダは大国でも小国でもない,中間国家に属すると主張した。本来この立場は,大国にも小国にも,名目的に平等な代表権を与えることの無意味さから発していたが,のちには,各国が能力に応じて国際社会に寄与する積極性が強調されるようになった。この立場はインドの J.ネルーに評価され,またスエズ危機の際カナダの果した役割に実現された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android