コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間者攻撃 チュウカンシャコウゲキ

デジタル大辞泉の解説

ちゅうかんしゃ‐こうげき【中間者攻撃】

man-in-the-middle attack》コンピューターネットワークなどで、暗号通信を行う二者の間に悪意ある第三者が割り込み、盗聴したり介入したりする手法。介入する第三者が送信者と受信者になりすますため、データの改竄(かいざん)や公開鍵暗号のすり替えに気付かない恐れがある。デジタル署名を利用して通信相手の本人確認を行えば、被害をある程度防ぐことができる。マンインザミドル攻撃バケツリレー攻撃

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

中間者攻撃の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))デミル(Cecil Blount De Mille)コーマンヒューストン(John Huston)ビダーヒッチコックチャップリン数理言語リード(Carol Reed)グリーン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android