コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸山正彦 まるやま まひこ

1件 の用語解説(丸山正彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸山正彦 まるやま-まひこ

1859-1914 明治-大正時代の国学者。
安政6年6月17日生まれ。浅山純一らに漢学を,坂本秋郷に国学をまなぶ。明治14年上京。丸山作楽(さくら)の指導をうけ,その養子となる。皇典講究所講師などをへて,29年陸軍中央幼年学校の教官。大正3年11月6日死去。56歳。肥前松浦郡(長崎県)出身。帝国大学卒。本姓は江上。初名は栄三郎。号は松廬。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

丸山正彦の関連キーワード光の科学史イタリア映画ロッキード事件シーボルト難波抱節地向斜マジェンタの戦いの後のイタリア陣営岸沢式佐片山潜ケズウィック

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone