丸岡九華(読み)まるおか きゅうか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸岡九華 まるおか-きゅうか

1865-1927 明治時代の詩人,小説家。
慶応元年生まれ。尾崎紅葉らの硯友(けんゆう)社の創立にくわわり,小説「散浮花(ちりうくはな)」や新体詩を発表。東京高商(現一橋大)卒業後は文学から遠ざかり実業界で活躍した。昭和2年7月9日死去。63歳。江戸出身。本名は久之助。別号に春亭,山茶花,桂堂など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の丸岡九華の言及

【硯友社】より

…明治中期の文学結社。1885年(明治18)2月,東京大学予備門在学中の尾崎紅葉,山田美妙(びみよう),石橋思案(1867‐1927)らが高等商業生徒の丸岡九華(きゆうか)らをかたらい創立した。同年5月から機関誌《我楽多(がらくた)文庫》を創刊,小説,漢詩,戯文,狂歌,川柳,都々逸(どどいつ)など,さまざまな作品を載せた。…

※「丸岡九華」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android