コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

我楽多文庫 がらくたぶんこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

我楽多文庫
がらくたぶんこ

硯友社機関誌。 1885年5月,大学予備門の学生であった尾崎紅葉山田美妙ら4人が筆写回覧誌として創刊。9~16号を印刷非売本として刊行,88年5月初めて公刊発売本として1号を発行,翌年2月 16号を出したのち,17号から『文庫』と改題,89年 10月の 27号をもって廃刊した。通巻 43冊に及び日本最初の同人雑誌として歴史的価値を残す。紅葉の処女作『江嶋土産滑稽貝屏風』,美妙の処女作『竪琴草紙』は筆写本時代のこの雑誌に発表された。また,紅葉,美妙のほか,石橋思案巌谷小波広津柳浪川上眉山泉鏡花,小栗風葉らの作家が,この雑誌から輩出した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がらくたぶんこ【我楽多文庫】

硯友社(けんゆうしゃ)の機関誌。明治18年(1885)創刊。同22年廃刊。同人の小説・短歌・詩などを掲載。近代日本文学最初の文芸雑誌であり同人雑誌でもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

我楽多文庫【がらくたぶんこ】

明治期の文芸雑誌。硯友(けんゆう)社の機関誌。1885年尾崎紅葉山田美妙らが回覧雑誌として創刊。初めは筆写で,後に印刷本となり公刊発売もされた。通巻43冊。1889年10月廃刊。
→関連項目石橋思案同人雑誌

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がらくたぶんこ【我楽多文庫】

明治期の文芸雑誌。1885年(明治18)5月創刊,89年10月廃刊。全43冊。尾崎紅葉を中心とする硯友社(けんゆうしや)の同人誌として,筆写回覧雑誌のかたちで出発し,やがて印刷され,公売された。89年3月に《文庫》と改題した。小説系の同人誌としては,日本最初のもので,紅葉,山田美妙(びみよう),巌谷小波(さざなみ),川上眉山,広津柳浪ら明治中期の主要作家の初期の文章を収めている。題意は,政治的な文章を除いた趣味としての多様な文章の寄せ集めであり,小説,戯文,漢詩,川柳,狂歌から落語までも載せる同好的,娯楽的な雑誌であったが,合評や古典翻刻も掲載するなど,しだいに文芸意識を高め,近代文学の出発の一つの場を築いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がらくたぶんこ【我楽多文庫】

雑誌。1885(明治18)~89年。硯友社の機関誌。尾崎紅葉・山田美妙らを中心とし、江戸戯作的作品が多い。近代日本最初の文芸雑誌で、同人雑誌の先駆。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

我楽多文庫
がらくたぶんこ

文芸同人雑誌。1885年(明治18)5月創刊、89年10月廃刊。尾崎紅葉(こうよう)、山田美妙(びみょう)、石橋思案(しあん)、巌谷小波(いわやさざなみ)、川上眉山(びざん)、江見水蔭(すいいん)、広津柳浪(りゅうろう)ら、硯友社(けんゆうしゃ)の機関誌。初め紅葉、美妙による筆写回覧雑誌で、内容も戯文、狂歌、都々逸(どどいつ)などをも含む遊戯的な色調が濃厚であったが、文学改良の時代風潮に応じ、近代的な写実文学の創造に向かった。同人が増加して86年11月活版の非売本形式に変わり、さらに88年5月から公売となり返り初号を出した。翌年3月の同第17号から『文庫』と改題、吉岡書籍店より発売されたが、第27号で廃刊。美妙の脱退(1888)後は紅葉が中心で、硯友社員を相次いで文壇に登場させたほか、幸田露伴(ろはん)や淡島寒月(あわしまかんげつ)の短編なども掲載した。本誌では美妙の言文一致体、紅葉の雅俗折衷(がぞくせっちゅう)体など、小説文体の模索がとくに注目される。[岡 保生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の我楽多文庫の言及

【硯友社】より

…1885年(明治18)2月,東京大学予備門在学中の尾崎紅葉,山田美妙(びみよう),石橋思案(1867‐1927)らが高等商業生徒の丸岡九華(きゆうか)らをかたらい創立した。同年5月から機関誌《我楽多(がらくた)文庫》を創刊,小説,漢詩,戯文,狂歌,川柳,都々逸(どどいつ)など,さまざまな作品を載せた。はじめ紅葉,美妙が筆写した回覧雑誌だったが,のち印刷し,さらに公売へと,部数も増加した。…

【同人雑誌】より

… 日本の評論雑誌の祖というべき《明六雑誌》(1874創刊)は,明治初年の啓蒙主義的な学者・思想家たちの講演記録集だったから,同人雑誌の源をそこにみることもできる。小説発表の場としての同人雑誌は,尾崎紅葉,山田美妙らの《我楽多(がらくた)文庫》(1885創刊,当初は筆写回覧本)が最初である。文芸,社会思想がたがいに競い合った明治末年ごろから青年グループによる雑誌の刊行がさかんとなり,昭和初年には〈同人雑誌の全盛期〉(高見順)となった。…

※「我楽多文庫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

我楽多文庫の関連キーワード川上 眉山山田 美妙丸岡 九華新体詩百美文先駆

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android