コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸投げ マルナゲ

デジタル大辞泉の解説

まる‐なげ【丸投げ】

[名](スル)
(土木建設業界で)発注者から仕事を請け負った元請けが、下請けから手数料を取って仕事をそっくり譲ること。
本来なら担当すべき業務をそっくり他者に任せること。「入試問題作成を予備校に丸投げする」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まるなげ【丸投げ】

ある仕事を丸ごと全部委託すること。
建設業界において、利鞘りざやを稼ぐことを目的に、受注した仕事のすべてを同業他社に委託すること。建設業法で禁じられている。一括下請負。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

丸投げの関連キーワードストックホルムオリンピック(1912年)ロンドンオリンピック(1948年)アテネオリンピック(1896年)クリスチャン カントウェル10種競技(デカスロン)ナドゼヤ オスタプチュクトマシュ マエフスキダヴィド シュトールユミレイディ クンバ名古屋市の外郭団体バレリー アダムズダニ サミュエルズアウトソーシングリース ホッファアダム ネルソンバレリー ビリショットプットフィールド競技上請け・上請スローイング

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸投げの関連情報