コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸都城 がんとじょうHwando-sǒng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丸都城
がんとじょう
Hwando-sǒng

朝鮮古代三国の一つ高句麗首都名。国内城ともいう。高句麗の首都は最初は佟佳江(とうかこう)流域の桓仁付近とされているが,山上王延優(在位 ?~226)の頃山上王13(209)年にアムロク(鴨緑)江中流域の通溝平野にある丸都城に移り,長寿王(在位 413~491)が南下して平壌に首都を移すまで約 200年間高句麗の首都であった。3世紀半ば頃,魏の毌丘倹のために一時落城したが,まもなく再建され高句麗の中心地となった。丸都城の地名比定は諸説あって一定しない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

がんとじょう【丸都城】

三世紀から五世紀前半まで高句麗こうくりの都の置かれた王城。今の中国吉林省集安(旧称、輯安しゆうあん)県にあったといわれる。国内城。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

丸都城の関連キーワード杉村 勇造牟頭婁塚都城址安市城旧称王城輯安

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android