コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長寿王 ちょうじゅおう Changsu-wang

3件 の用語解説(長寿王の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長寿王
ちょうじゅおう
Changsu-wang

[生]広開土王3(394)
[没]長寿王79(491)
朝鮮,高句麗の第 20代の王 (在位 413~491) 。諱は巨連,巨 璉。諡は康。広開土王の子。即位するとすぐに父王の意を受継いで中国の宋,魏などと外交関係を結び,地位の保全をはかった。長寿王 15 (427) 年王都を国内城から平壌城に移して南下政策に着手した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうじゅおう【長寿王 Chan‐su‐wang】

394‐491
朝鮮,高句麗の王。在位413‐491年。広開土王の王子でその後を継いだ。諱(いみな)は巨連(巨璉とも書く)。広開土王の領域拡大の成果をさらに進めて,427年鴨緑江中流の国内城(現,中国吉林省集安)から平壌に都をうつし,高句麗の全盛時代を築き上げた。中国の南北両朝に通交し,また半島では百済,新羅を圧迫した。475年百済の都の漢城を落として蓋鹵(がいろ)王を殺害した。そのため百済は都を熊津(現,公州)に下げ,漢江流域は高句麗の領域下に入った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長寿王
ちょうじゅおう
(394―491)

朝鮮、高句麗(こうくり)第20代の王(在位413~491)。諱(いみな)は巨連。父の広開土王(こうかいどおう)代の発展を受け継ぎ、高句麗の最盛期をつくりだした。427年に王都を平壌に移して南進政策をとり、新羅(しらぎ)、百済(くだら)を抑えて領土を拡大した。436年には燕(えん)王の亡命を受け入れ、遼東(りょうとう)に進出した。475年に百済の王都漢城を陥落させ、漢江流域を制圧した。中国北朝の魏(ぎ)や南朝の宋(そう)・斉(せい)と国交を結び、東アジアの強国となった。[井上秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長寿王の関連キーワード弓裔高麗朱蒙東盟高句麗もくり遁げる順道安勝蓋鹵王高麗氏奈勿王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone