コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長寿王 ちょうじゅおうChangsu-wang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長寿王
ちょうじゅおう
Changsu-wang

[生]広開土王3(394)
[没]長寿王79(491)
朝鮮,高句麗の第 20代の王 (在位 413~491) 。諱は巨連,巨 璉。諡は康。広開土王の子。即位するとすぐに父王の意を受継いで中国の宋,魏などと外交関係を結び,地位の保全をはかった。長寿王 15 (427) 年王都を国内城から平壌城に移して南下政策に着手した。南進策として初めは百済新羅北辺を侵したが,同 63年王みずから軍を率い百済の都漢城を陥落させた。新羅に対しては同 69年その北辺を侵し狐鳴城など7城を取ったが,弥秩夫に進んだところで新羅,百済,伽 倻の兵に破られた。しかし王は約 80年の在位期間を通じて南は楽浪,帯方の故地を,西は遼河から中国東北方面を手に入れ,内政をも充実させ高句麗の最盛期を現出させた。また燕王の亡命を受入れて遼東方面にも進出した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうじゅおう【長寿王 Chan‐su‐wang】

394‐491
朝鮮,高句麗の王。在位413‐491年。広開土王の王子でその後を継いだ。諱(いみな)は巨連(巨璉とも書く)。広開土王の領域拡大の成果をさらに進めて,427年鴨緑江中流の国内城(現,中国吉林省集安)から平壌に都をうつし,高句麗の全盛時代を築き上げた。中国の南北両朝に通交し,また半島では百済,新羅を圧迫した。475年百済の都の漢城を落として蓋鹵(がいろ)王を殺害した。そのため百済は都を熊津(現,公州)に下げ,漢江流域は高句麗の領域下に入った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長寿王
ちょうじゅおう
(394―491)

朝鮮、高句麗(こうくり)第20代の王(在位413~491)。諱(いみな)は巨連。父の広開土王(こうかいどおう)代の発展を受け継ぎ、高句麗の最盛期をつくりだした。427年に王都を平壌に移して南進政策をとり、新羅(しらぎ)、百済(くだら)を抑えて領土を拡大した。436年には燕(えん)王の亡命を受け入れ、遼東(りょうとう)に進出した。475年に百済の王都漢城を陥落させ、漢江流域を制圧した。中国北朝の魏(ぎ)や南朝の宋(そう)・斉(せい)と国交を結び、東アジアの強国となった。[井上秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

長寿王の関連キーワード広開土王碑ピョンヤン井上秀雄輯安遺跡丸都城蓋鹵王玄琴丸都輯安通溝

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android