主光線(読み)しゅこうせん(英語表記)chief ray; principal ray

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐こうせん〔‐クワウセン〕【主光線】

光学系において、光軸外から入射して絞りの中心を通る光線。絞り値大小によらずに入射する光線であるため、収差の評価などのレンズ設計において重要となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android