コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主登記 しゅとうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主登記
しゅとうき

付記登記の対象となる,すでにされた権利に関する登記(不動産登記法4条2項)。付記登記に対する語で,新登記あるいは独立登記ともいう。主登記,付記登記の区別は,登記の形式による区別である。主登記は,登記簿上登記の順序による独立の順位番号がつけられ,その順位に応じて登記された権利を公示する。付記登記の順位は,主登記の順位番号により,同一の主登記にかかる付記登記の順位は,登記の前後による(4条2項)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

主登記
しゅとうき

付記登記に対して普通の登記をいう。付記登記が、すでに存在する登記(主登記)に付記するだけで、その順位も主登記の順位に従うだけであるのに対して、主登記は、独立して順位をもつ。主登記の順位は、登記の前後による。[高橋康之・野澤正充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android