コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主登記 しゅとうき

2件 の用語解説(主登記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主登記
しゅとうき

それ自体が独立の順位をもつ通常の登記。付記登記に対する用語。新登記あるいは独立登記ともいう。主登記,付記登記の区別は,登記の形式による区別で,主登記は,登記簿上登記の順序による独立の順位番号がつけられ,その順位に応じて登記された権利を公示する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

主登記
しゅとうき

付記登記に対して普通の登記をいう。付記登記が、すでに存在する登記(主登記)に付記するだけで、その順位も主登記の順位に従うだけであるのに対して、主登記は、独立して順位をもつ。主登記の順位は、登記の前後による。[高橋康之・野澤正充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

主登記の関連キーワードサブシステム登記済証順位制其れ自体検索エンジンスパムランカーウィルコクソン二標本検定権利の登記地積測量図表示の登記

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone